精力剤 性力増強剤

精力を回復する精力剤・ED治療薬・サプリメントの効果と副作用とは!

精力剤 性力増強剤で治すことができるED

意外と知られていないことですが、ED(勃起不全・勃起障害)は精力剤で改善できるケースが多いです。男性にとって、あるいはそのパートナーである女性にとって、男性のEDというのは深刻な病気です。近年では、バイアグラをはじめとするED治療薬で症状を改善、もしくは軽減できるようになってきてはいますが、ただ、副作用が怖いというところが、ED治療薬のデメリットになっています。

そこで、ED治療薬(医薬品)に頼るのではなく、サプリメント(食品)の一種である、いわゆる精力剤に注目が集まることになるわけですが、精力剤に関してはいろいろ誤解されるところも多く、医薬品であるED治療薬のほうが、確実性が高いというようなことが言われることも多いです。確かに、確実性に関しては、EDを専門的に治すための医薬品のほうが、精力剤よりも確実性は高いといえますが、ただ、これに関しては、精力剤というものを少々誤解しているところもあって、ED治療薬のほうが、確実性が高く見えるという側面もなくはありません。

精力剤やED治療薬として人気の成分

精力剤として人気が高い成分はマカ、クラチャイダムなどの植物系の成分や、そこから抽出されたアミノ酸成分のアルギニンです。精力剤を飲むのであればまずこのあたりが鉄板でしょう。
一方ED治療薬を飲むのであればバイアグラレビトラシアリスの3種類、またそのジェネリック医薬品を飲む方が大半です。

精力剤とは何か

精力剤というのは、ここぞという時にきちんと性機能を果たすために飲むサプリという意味で使われています。 そもそも精力という言葉は精力的という言葉から来ているのですが、性力という言葉と発音が近く(実際性力という言葉は辞書に載っていない)また、 精力は性欲という言葉にも近く、精力的に活動するというところから実際は少し離れたところで使われている気がします。 そういった意味でも、精力剤 性力増強剤とyahoo等では新しい言葉で検索されているようです。

精力剤に対するいささかの誤解があると、精力剤をつかったのにED治療にまったく効果がなかった!というような、批判的な声が聴かれてしまうこともあります。確かに、ED治療は、EDの種類や発症のプロセスによっては、精力剤では治らないタイプのものもあります。そういう場合には、もちろん医薬品であるED治療薬の投薬が必要になってくるわけですが、そういった医薬品をつかわずに、精力剤に頼ることでED治療を行うことができるにもかかわらず、副作用のおそれがあるED治療薬で治療するという考え方は、少々デメリットが大きいといわなければなりません。

精力剤を定義づけする

そこでここでは、まずは精力剤とは何かという定義づけを行っておきたいと思います。実は、精力剤には、上でも触れたサプリメントに属する健康食品や清涼飲料水と、いわゆる医薬品に属するものとに分類されます。その意味では、病院で処方されるバイアグラなどのED治療薬(医薬品)も、広義においては精力剤に類することになるわけです。ただ、一般的には、精力剤を病院で処方されるED治療薬にまで範囲を広げないケースのほうが多いといえます。

ですから、ここでは狭義の精力剤、つまりは、病院で処方されるED治療薬以外の市販品を指すことにします。その場合、大きく分ければサプリメント(医薬部外品)と医薬品とに分けることができ、主に中高年の男性に向けた商品(広義では女性向けのものある)が、精力剤の特徴です。しかも、精力剤には、勃起を促進する効果があるとされる特定の成分が配合されていることが条件になりますので、そうした成分が含まれていないにもかかわらず、精力剤を謳っている商品には、十分注意しなければなりません。

勃起を促す成分

精力剤の厳密な定義づけは非常に難しくなってしまうのですが、含まれている成分から、精力剤としての機能が果たされるか否かをある程度判断できるはずです。ということで、ここからは、精力剤として必要な成分、つまりは、勃起を促すことができるとされる成分をご紹介しておきたいと思います。

まずは医薬成分で、現在市販の精力剤に含まれることもありますが、将来的には、病院など薬剤師の免許がないとこれらの成分を含む精力剤は売られなくなるといわれる成分です。それが、テストステロン、メチルテストステロン、ストリキニーネ、ヨヒンビン、ジゾノールの5種類の成分になります。

医薬成分以外の、主に天然成分として勃起促進効果があるとされるのは、オットセイ、マムシ、サソリ、すっぽん、ニンニク、マカ、朝鮮人参(もしくは高麗人参)、亜鉛、カンフェリア・ロットンダと、代表的なものは、以上の10種類の成分になります。他にも、ガラナ、鹿茸(シカのツノ)、ムイラブアマ、パフィア、アシュワガンダ、虫冬夏草、霊芝(=レイシ、キノコの一種)などにも、勃起促進の効果があるといわれています。

もちろん、これらの成分すべてが含まれている必要はありませんが、上記の代表的な成分が少なくともひとつは含まれていないとなると、勃起を促す効果としては少々乏しすぎるといわなければなりませんし、また、法的に云々するレベルではないものの、上記の成分がひとつも含まれていないにもかかわらず、これを精力剤という言い方で表現してしまうのは、あまりにも都合が良すぎるという印象も、正直なところあります。

器質性EDとは

EDの症状や種類にはいろいろあります。特にEDの種類に関しては、症状が発症するまでのプロセスによって分類されるという意味では、他の病気に近いものがあります。EDの種類は、大きく分けて3種類に分けて考えることができます。ひとつが心因性ED、つまり、精神的な原因で発症するEDであり、もうひとつが薬剤性ED、つまり、薬の副作用によってEDを発症するケース、そして今回ご紹介するのが、簡単に言ってしまえば、上記の2種類とは異なるタイプのEDで、これを器質性EDと呼びます。ここでは、器質性EDに関して、その症状を考えられる原因から分析していきたいと思います。

加齢による要因

すでにご高齢の男性であれば、ご自身が経験されていることと思いますが、やはりEDという病気は加齢が原因になりやすい病気です。器質性EDの最大の要因は、加齢です。若いうちにEDを発症することがないわけではありませんが、ケースとしてはまれであり、しかも、若いうちのEDは、心因性や薬剤性のEDの割合が、中高年以上のEDにくらべると多少上昇すると考えられます。

しかし、中高年になると、徐々にEDの症状を訴える男性が増えていくことになりますが、これは、やはり加齢にともなって、勃起に影響を与える血流に問題をきたしているケースが非常に多くなっているということを暗に示していることになります。ただ、場合によっては動脈硬化などの大きな病気のサインであったり、すでに動脈硬化をはじめとする、血流を阻害する病気を発症していたりする可能性もありますので、注意が必要になります。

ですから、加齢による器質性EDの場合は、半分は仕方がない部分が大きいとも言えます。とはいえ、器質性EDの場合、加齢という原因による症状を含めて、その多くが、心因性や薬剤性のEDにくらべると比較的治りやすいという特徴があります。ですから、簡単にはあきらめていただきたくないということもいえるのです。そしてまた、治りやすいということは、ED治療薬ではなく、精力剤でも改善できる可能性もあるということも意味します。

生活習慣病による要因

いわゆる生活習慣病が、器質性EDの要因になっていることが多いです。生活習慣病による余波が、血流の阻害をはじめとする症状を発症し、これが加齢による器質性EDと同様のプロセスで、器質性EDの発症を誘発することになります。生活習慣病による器質性EDの発症率も、加齢による器質性EDに次いで高いです。病気別に、その発症率を示すと、次のようになります。

  • 糖尿病・・・80.9%
  • 高血圧症・・・66.7%
  • 脂質異常症(高脂血症)・・・64.7%

糖尿病患者の方の器質性EDの発症率が極めて高いことがわかりますが、糖尿病の場合、血中の毒素が体外に排出されにくい症状を発症することが多く、結果的に、血管(特に毛細血管)を損傷するケースが多くなります。それが、EDの直接的原因につながることが多いと考えられています。

また、高血圧症と脂質異常症は、どちらも動脈硬化症の原因となる症状で、やはり血流に問題が起こっている可能性は極めて高く、結果的に、器質性EDを発症するリスクは高くなります。しかも、特に高血圧症の治療薬の中には、EDの原因となる成分が含まれていることも珍しくなく、そうした影響で、薬剤性EDを発症する可能性も考えられます。

神経系のトラブルによる要因

器質性EDの場合、圧倒的に血管の損傷や血流に問題がある症例が多いです。しかし、血管ではなく、神経系に何らかのトラブルを生じた結果、器質性EDを発症するケースもそれほど珍しいケースではありません。特に、神経系の頂点にある脳に何らかの異常がある場合、全身性の脳疾患を発症することも珍しくなく、その余波として、EDの発症の可能性も十分考えられるのです。

たとえば脳内出血、脳腫瘍、脳外傷(脳挫傷)、パーキンソン病、アルツハイマー病といった脳疾患、もしくは脳の何らかの異常を原因とする疾患がある患者さんには、比較的器質性EDを発症するリスクが高くなります。これらの症状が器質性EDの原因になっているということがわかってきたのはまだまだ最近のことではあるものの、EDへの対応は、リハビリ科を設置している医療機関などでは、すでに積極的に行われているところも少なくないようです。

手術もしくはその他の外傷による要因

がんによる摘出手術が行われると、場合によっては、男性生殖器の機能を損なうリスクが考えられます。たとえば膀胱がん、前立腺がん、直腸がんといった、男性器周辺器官を摘出することによって、器質性EDが起こるリスクが高まります。これは、臓器摘出によって、勃起に重要な血管や神経を損なってしまったり、傷つけてしまったりすることが要因で発症します。

手術以外にも、交通事故をはじめとする大きなケガの際に、骨盤骨折や脊椎の損傷によって、器質性EDを発症する可能性があります。手術による摘出の場合、やはり箇所や摘出した臓器によっては、ED治療薬や精力剤などを服用しても、EDの改善が見込めないというケースも残念ながら考えられます。しかし、交通事故などの場合には、ケガの治療によって血管や神経の修復が見られると、EDが改善される場合があります。その際には、ED治療薬や精力剤なども、効果を発揮することがあります。

他にも、外傷ではありませんが、前立腺肥大症、前立腺炎、精巣静脈瘤といった泌尿器系の疾患でも器質性EDを発症することが多くなります。

器質性EDの対処法

では、器質性EDはどのように対処したらよいかということについても触れておきたいと思います。上記でお話したように、精力剤はもちろん、ED治療薬を服用しても改善しない種類の器質性EDもありますが、しかし、精力剤によって改善効果が期待できる器質性EDの症状は、考えられている以上に多いといえます。ですから、EDになってしまったら、精力剤では効かない・・・という説もありますが、まずは、そんなことはないということをしっかり理解していただきたいと思います。

上でも触れましたが、やはりED治療薬の利用による副作用のリスクを考えると、やはりできることなら精力税を利用するほうがメリットは大きいといえます。ですから、器質性EDの直接的な原因(病気やケガ)を取り除くことと並行して、精力剤を服用しながら症状を緩和、改善していくという考え方が、初期的ではありますが、ひとつの有効な方法であるといえます。

それでも効果が出ないときに、はじめてバイアグラなどのED治療薬に頼るという方向で器質性EDの治療を行うという考え方が、副作用のリスクを少しでも軽減できるという意味で有効であるといえるでしょう。

心因性EDの原因と対策

心因性EDの原因は、大きく分けて2タイプ考えられます。ひとつは、日々の生活の中で少しずつ蓄積したストレスが、結果として非常に大きなストレスとなり、男性生殖器にも大きなダメージとなってしまうケースです。そしてもうひとつが、いわゆるトラウマに代表される、こころの奥底に残っている原因が、EDという形になって表れてしまうものも、いわゆる心因性EDに分類されることになります。

心因性EDの場合、その根本的な原因があまりにも多様であるため、精力剤で効果がないとは言いませんが、しかし多くは、一時的な対症療法にしかすぎず、根本的な解決にならないケースが多いです。ですから、心因性EDの場合は、まずは病院に行ってしっかりと根本的な原因を究明し、改善するという考え方が重要であるといえます。

薬剤性EDの原因と対策

服用している薬が原因でEDを発症するケースもあります。このタイプのEDの総称を、薬剤性EDと呼びます。薬剤性EDの場合、まずはそれが、本当に薬剤が原因で起こっているEDであるのかどうかを精査する必要があります。つまり、薬剤性EDの診断は、あくまでも医師の所見によるところでなければならないということが言えます。

ですから薬剤性EDの場合も、心因性EDと同様、当然医療機関での診断が必要になります。薬剤性EDの疑いがある患者さんは、精力剤に頼るのではなく、まずは病院で検査なり問診なりをしてから、治療の方向性を決定する必要があるといえるでしょう。

ED治療薬と副作用

今回、ED治療薬よりも精力剤のほうをおすすめしてきた背景には、ED治療薬の場合副作用をどうしても回避できないという事実があるからです。やはり薬ともなると、どうしても何らかの副作用に悩まされることになりますので、精力剤で改善できるのであれば、そのほうがメリットは大きいだろうという考え方でした。

しかし、すべてのEDが精力剤で治るわけではないということもまた事実です。そういったケースでは、バイアグラやそのジェネリック医薬品をはじめとするED治療薬の服用もやむなしというところには当然なってくるでしょう。そこで今回は、ED治療薬にはどんな副作用が考えられるかということについても簡単に触れておきたいと思います。薬の種類によって副作用は多少異なりますので、メジャーな薬ごとに簡単に触れておきます。

バイアグラ

ED治療薬としては草分け的存在のバイアグラですが、その副作用の大きさは、この薬が出回った当初から問題視される部分も少なからずありました。たとえば、顔のほてりや目の充血がその代表的な副作用で、人にとって頭痛や動悸、さらには鼻づまりといった症状も見られます。

レビトラ

基本的な副作用に関しては、バイアグラとそれほど大差ありません。ただ、副作用というよりも使用上の注意として知っておかなければならないのが、レビトラ服用時にはグレープフルーツの摂取が禁忌されているというところです。グレープフルーツの成分がレビトラと反応して、重篤な副作用を発症させることもあります。これは非常に危険な副作用です。

シアリス

副作用のリスクが最も低いといわれているのがシアリスというED治療薬です。バイアグラやレビトラの場合、ほとんどの人が副作用を訴えるのに対し、シアリスは、服用した患者さん全体の30%程度しか副作用を発症しないというデータがあります。ただ、副作用のリスクが低いということは、それだけEDの改善効果も緩やかであることを意味しますので、即効性が低いなどの特徴が、このシアリスというED治療薬にはあるということを意味します。

なお、シアリスの副作用に関しても、基本的には、バイアグラやレビトラと似た症状になります。

コンテンツ

精力剤について

ED治療薬を使わずに副作用が無い精力剤で効果がでるEDが多い
男性にとってはとても怖い病気であると同時に、いずれそのときがやってくる可能性が極めて高いのが、ED(勃起不全)です。今回は、主にED治療と精力剤の関係について迫りたいと思います。
精力剤を購入する前気を付けたいのは原料量と成分量の違い
精力剤の選び方は少々難しいところがありますが、やはり原料量と成分量の違いを明確にすることを、実店舗での購入、通販サイトなどでの購入のそれぞれで徹底することが望まれます。
精力剤の人気原料はマカ、クラチャイダムなどの多年草の根
精力剤選びには、とにかく原料と、その成分配合量が重要になるということが知られています。今回はその中でも、マカとクラチャイダムという精力剤の代表的な原料に触れます。
精力剤の人気成分はアルギニン。アルギニンの魅力とは?
精力剤の数や種類が多すぎて、どの精力剤を選んだらよいかわからないという声も多く聞かれる昨今、アルギニンというひとつのキーワードが注目を集めるようになってきています。
精力減衰の原因は成長ホルモンと生活習慣にあり!?
年齢とともに精力減退に悩む男性は少なくありませんが、その原因は非常に多様です。ただ、中でも成長ホルモンと生活習慣というふたつの有力なキーワードが手がかりになりそうではあります。
薬局で購入する精力剤 VS ネット通販で購入する精力剤
精力剤を購入するとき、薬局やドラッグストアで購入すべきか、それともネット通販で購入すべきか、いろいろな角度から検証してみたいと思います。果たしてどちらがお得なのでしょうか?

人気精力剤一覧

小林製薬のマカEXの効果、成分、原料、口コミ
精力剤はいろいろな種類がありますが、小林製薬のマカEXは非常におすすめの精力剤です。精力剤とはいえ、安心感がある飲みやすいサプリメントなので、薬がニガテな男性にもおすすめできます。
マカ&クラチャイダム12000の効果、成分、原料、口コミ
さまざまな精力剤が市場や店頭をにぎわせていますが、近年にわかに注目を集めるようになってきているのが、マカ&クラチャイダム12000です。マカとクラチャイダムの配合量には自信があります。
クラチャイダムゴールドの効果、成分、原料、口コミ
精力剤を語る上で、マカというキーワードは以前からよく聞かれていましたが、近年新たに注目されているのが、クラチャイダムという植物で、マカ以上の効果があるとする説も浮上しています。
クラチャイダムブラックの効果、成分、原料、口コミ
近年の精力剤事情では、原材料に関していえば、マカよりもクラチャイダムのほうに重きが置かれているという印象があります。クラチャイダムブラックもその典型といえます。
ヒガリブースターの効果、成分、原料、口コミ
精力剤やその系統のサプリメントの場合、やはり、男性器能の亢進が最大のメリットということになるわけですが、しかし、そのためにあえて遠回りするというタイプのサプリメントも魅力があります。
精力剤FORCEの効果、成分、原料、口コミ
精力剤サプリメントの場合、基本的には、精力増強そのものよりも、健康的な身体をつくる、あるいは自分の生活習慣を見直しつつ、精力増強をもくろむという印象がありますが、この精力剤はちょっと違います。
精力剤THE GOLDの効果、成分、原料、口コミ
精力剤FORCEで知られるインスパイア株式会社が放つ、もうひとつの人気精力剤THE GOLDは、精力剤の中にあって、なかなか珍しいタイプのサプリメントであるといえるでしょう。

ED治療薬について

ED治療薬の効果と副作用、精力剤との違いについて
精力剤サプリメントに効果が見られなかった場合、もしくは、できるだけ早い効果を期待したいという男性の場合、ED治療薬を服用することも想定されます。その使用には十分な注意が必要になります。
本当はED治療薬が必要ない?ドクターイグナロのノーベル賞
ED治療薬といえばバイアグラ、そして精力剤サプリメントといえばアルギニンというのが好対照な印象を与えますが、しかし実はこの両者、どちらも偉人の発見が基になっていたのです。
精力剤を半年続けてダメだったらED治療薬デビューも◎
精力剤がいいのかED治療薬がいいのかといったテーマは、かなり長時間をかけて、いろいろな角度から分析されてきました。重要なことは、どちらかにこだわるのではなく、柔軟な考え方です。

人気ED治療薬一覧

バイアグラの効果と副作用。ジェネリック医薬品や個人輸入
ED治療薬にも現在ではいろいろな種類が増えてきていますが、しかしやはり、ほとんどの人がED治療薬として挙げるのが、バイアグラの名前だと思います。今回はバイアグラに関するお話です。
レビトラの効果と副作用。ジェネリック医薬品や個人輸入
バイアグラというセンセーショナルなED治療薬の登場から5年、そのバイアグラを上回るとも言われた新たなED治療薬が再び登場しました。そのED治療薬の名をレビトラといいます。
シアリスの効果と副作用。ジェネリック医薬品や個人輸入
バイアグラ、そしてレビトラに続く第3弾のED治療薬として支持を得ているのが、シアリスという名前の治療薬です。これは、バイアグラやレビトラとは異なる特徴のED治療薬です。

増大サプリについて

ペニス増大の仕組みについて。トレーニング、サプリなど
ペニス増大ということばは、おそらく女性からすれば、それほどなじみのないことばなのかもしれませんが、日本人男性の場合、きっと多くの男性が大きな興味・関心をいだくことばだと思います。
増大サプリの選び方はシトルリン!L-シトルリンとは!?
ペニス増大のためにサプリメントを利用する男性は少なくないようですが、重要なファクターは、L-シトルリンと呼ばれる遊離アミノ酸がそのサプリメントに含まれているということです。
人気ペニス増大サプリ ゼファルリンの効果、副作用は?
ペニス増大サプリメントの中でも最大の人気を誇るといわれているのが、ゼファルリンというサプリメントです。ゼファルリンはタブレットとカプセルという2タイプがワンセットのサプリメントです。
人気ペニス増大サプリ ヴィトックスαの効果、副作用は?
ペニス増大サプリメントにはいろいろな種類がありますが、最もオーソドックスなタイプであるといえるのが、今回ご紹介するヴィトックスαというペニス増大サプリメントでしょう。
人気ペニス増大サプリ バリテインの効果、副作用は?
ペニス増大サプリメントにもいろいろな種類があります。人気が高いペニス増大サプリメントの多くが、その成分配合量の数が豊富になりますが、バリテインはちょっとケタが違います。
人気ペニス増大サプリ ベクノールEXの効果、副作用は?
サプリメントの多くが、即効性に関しては目をつむっていてほしいというのが暗黙の了解になっている部分がありますが、今回ご紹介するペニス増大サプリメントは、即効性にも期待できます。

PAGE TOP ▲